【製菓製造工場】TVで取り上げられると突然大量発注。トイレにも行けない激務で機械化の遅れた工場での経験

【製菓製造工場】TVで取り上げられると突然大量発注。トイレにも行けない激務で機械化の遅れた工場での経験

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
21歳

【当時の職業】
製菓製造

【当時の住まい】
実家に暮らしていました

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
地元で愛されるお菓子を製造している工場で働こうと思った。
工場であれば黙々と仕事をしてすぐこなせば定時で帰れると思った

【環境と仕事内容】
製菓メーカーであったのでビスケットのクリームサンドを行っていた。
機械が導入される前であったので全て手作業であった。
そのためクリームの硬さや温度調整が厳しく大変だった。
ずっと立ち作業で腰も痛く頭も使うことが多かった。
せまい空間であったのでコミュニケーションが必要であった。
工場ときくとレーンごとにこなすかと思っていたがイメージと違った

【大変だった時期】
最初から大変だったとおもう




【大変だったこと】
工場、と聞いてレールに流れてくる商品を詰めたり梱包したり淡々とした単純作業かと思ったが、座れる人は限られていて数少ない人数の人だった。
ほぼ立ち作業でありクリームなどを扱う寒い空間、焼却の熱い空間どちらかであった。
体調が悪いと全然仕事ができなかったのでしんどかった。
狭い空間で多く数をこなして製造しなければならなかったので常に急かされているような空間であった。
トイレにもすぐ行けず膀胱炎になった人も多々見られた。
工場なのでメイクや化粧はしなくてもよかったし、逆にラメなどをつけている人は怒られていたので毎朝何もしなくてもよかった。
しかし自分的にはメイクをして行きたかったので毎日特に楽しくなかった。
コミュニケーションもマスクをしているので難しかった

【大変だった期間】
3年間ぐらいはそのまま




【当時の心境】
工場勤務は特別難しいものでもなかったので淡々とこなしていたがもっと昇格、などの意識があがる制度があるといいなあと思っていた。
この会社で何かを得られているのか不安に思うこともあった。
工場の中にずっといるので日光も浴びれなかった。

【職場が大変だった原因】
会社の機械化が遅れていた。
そのため人手で行っており人への負担が大きかった。
労災もたまに見られ疲労している人も多かった




【仕事で良かったこと】
年が近い子がいるとすぐにフランクに打ち解けられたこと。
外国人の国籍の方も見えたので文化の違いが交差して面白い会社ではあった。
日本人のみで堅苦しく行うより新しい風が吹いていたので発見もあった。
外国人との交流は楽しかった




【特にひどかった最悪の出来事】
コロナで一気に人出が足りなくなったこと。
納期までに間に合わせるために限られた人数で残業対応を必死で行っていた。
なかなか帰れずしかし皆同じ環境であるので自分だけ弱音は吐けなかった。
その分給与があがるわけでもなく淡々とした作業が増えるだけであった。
発注は受ける受けないは決められるがなかなかその量までをコントロールできていなかったので一気にTVで取り上げられると対応ができないほどの発注量で困っていた。
実際過労死ラインを超える社員も見られたがどうしようもなかった。
公式オンラインでもショート寸前でクレームが出ないように、それでも丁寧な対応をと思ってひたすら働いた。
派遣を雇うことになったが入って使えるようになるまでに時間がかかった




【相談した人・助けてくれた人】
ひたすら家族に支えられていた部分はあった。
実家ぐらしだったので深夜の帰宅になってもご飯があったのでよかった。
一人暮らしの人はなかなかしんどいとおもう。
友達に相談する時間も余裕もなかったので家族に頼りっきりであった

【改善のための行動】
ひたすら手伝ってくれる人を探した。
自宅にもできることは持って帰りデータの整理などは一緒に行ってもらった。
休日出勤を毎週して対応していた。
派遣さんを雇い何名かに単純作業を教えて、対応していただいていた。




【現在の状況と心境の変化】
かなり強くなったと思う、また同じような爆発的な大量発注があっても対応できるようにデータや手順を見直せた。
人数に関しても整備を整えて、工場のできる部分は機械化を図った。
なかなか時間がかかったが見直すきっかけになったと思うのでこれからも万一に備えて対応していけるものは策を練っていきたい。
なかなか考えることがないタイミングでも行うこと

【学んだこと】
忍耐力とコミュニケーション力、自己管理能力などは身についた、少しでも不満をぶちまけてしまうと一気にやる気がなくなる



【当時の自分へのアドバイス】
今はひたすらに一つづつ行うことが大事だと伝えたいです。
工場みんな思っていることは一緒なので不満があってもいちいち口に出さない、じっと耐えて今は頑張るしかないと言いたいです。
あとは何を優先しなければいけないかを考えること。
第一に考えるのはお客様であるがそれ以前に自分のベースが整っていないとすぐに崩れてしまう