【工場の工程整備】23歳で班長、先輩部下多数。最短出世の先に待ち受けていたのは、先輩部下とのトラブル多発!

【工場の工程整備】23歳で班長、先輩部下多数。最短出世の先に待ち受けていたのは、先輩部下とのトラブル多発!

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
23歳

【当時の職業】
製造業 生産技術職

【当時の住まい】
妻、3歳の息子、0歳の娘と3人で賃貸アパート暮らし

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今も同じ職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
技術職に興味があった。
ものづくりが好きで、興味があった。
その旨をハローワークに伝えて紹介してもらった。

【環境と仕事内容】
工場の生産ラインの工程整備
 →新設ラインの工程整備や既存ラインの工程整備
CADでの設計業務
 →使用する道具類を設計する
試作品のプログラム設定
 →お客様と打ち合わせをし、自らプログラミングする
生産ライン作業者の管理
 →社員や派遣社員の教育や勤怠管理
品質管理業務
 →お客様への品質説明やコミュニケーションをとる。

【大変だった時期】
20歳で就職。
23歳の時点で班長に任命されたが、自分の部下に先輩がたくさんいてやりづらかった。




【大変だったこと】
先輩部下がたくさんいて、指示しずらく、指示や注意をしてもなかなか聞いてくれず、逆ギレされる。
残業が多い。
人数不足で優秀な人材が少ない。
トラブルが起きた時に、自部署に任せきりにされる。
他部署はあまり助けてくれず、自分を中心にされて、毎回夜遅くなる。
自分は生産技術の部署だが、お客様の品質に関する対応や、生産に対する対応もやっていて、自分が本当は何を担当しているのかもわからなくなるくらい大変。
特に、お客様との話は楽しく、やりがいがあるが、問題があったと時に特に押し付けられてるような気がして、やりがいを感じながらも、やりたくない気持ちが出てしまい、仕事に支障がでる。
仕事時間も長くなり、家族と過ごす時間が短くなる。

【大変だった期間】
入社2年目からずっと




【当時の心境】
業務内容が多く大変だったが、同僚と休憩中にゲームしたり、楽しいことも多かった。
仕事内容以外に勉強したいことがあったが、仕事時間が長い為、勉強に時間を割くことができなく、将来の不安をかなり感じていた。
このままここで働いていいのかと。

【職場が大変だった原因】
人数不足や、優秀な人材不足により、早くに役職についてしまった。
断ることもできたが、自分は出世したかった為、引き受けた。




【仕事で良かったこと】
業務量が多い分、出来た時の達成感がたくさんある。
同僚と仲が良く、遊ぶ機会も多く、休憩中もゲームをしたりして遊んでいる。
このメンバーがいなければ続けられなかっただろうと思えるようないい仲間がたくさん出来た。




【特にひどかった最悪の出来事】
先輩部下に厳しく注意したときに、逆ギレされた。
自分の仕事内容を知らない部下や他部署の人に文句を言われた。
社内で大きな問題が出た時に、周りはみんな自分は関係ないというような姿勢で全て自部署に押し付けられて、毎日夜遅くまで働いたり、酷い時は、朝から次の日の夜まで働いたこともあり、精神的にかなり辛くなってしまった。
それだけ自分に押し付けてきても、解決した時は特にお礼もなく、解決して当たり前のような態度を取られて、かなり嫌だった。
過去に何度か大きな問題が発生していたが、他部署の人が中心になって解決しようとしていたことはなく、ほとんどの場合が自部署の管轄になり、自分が中心になって解決、対策をさせられることになる。




【相談した人・助けてくれた人】
部長も過去に先輩部下がたくさんいた為、共感してもらい、アドバイスをたくさんくれた。
上司が自分を高く評価してくれて、優遇してくれた。
妻にも愚痴を聞いてもらったり、いいアイデアをくれたりしていて、すごく助けられた。

【改善のための行動】
先輩部下に対しては、敬意を払った上で、柔らかく指摘するようにした。
なるべく仕事中のコミュニケーションを取るようにし、
プライベートでも一緒にスポーツしたり釣りしたりするようにして、仲良くなれるようにした。




【現在の状況と心境の変化】
1年くらいで、先輩部下とも仲良くなり、自分を上司だと認めてくれ始めた。
今ではアドバイスをもらいに来てくれたり、困ったことがあると相談してきてくれるようになって
自分としてもアドバイスしたり指導や注意しやすくなったのでとても仕事がしやすい環境になった。
継続する為に、現在はもっとコミュニケーションを取るようにしている。

【学んだこと】
部下だからと、先輩を見下すような言い方をしたり、
相手を傷つけるような言い方をしていたが、
常に敬意を払い話すように改善した。



【当時の自分へのアドバイス】
思った通りに動け!今は思い通りにならなくても、
いつか経験を重ねた時に思い通りに行くようになる。
先輩部下に対しては、ただ注意や指導するだけではなく、
先輩のいい点を見つけて、素直に褒めたり敬意が伝わるような話し方をしなければならない。
自分の上司には、自分と同じ境遇の人がいるから、
しっかり相談してアドバイスをもらうように。